山賊ヴァンクス の らっきーくっきーもんじゃゴホッゴホッ

ここは大規模MMO マビノギ にて活動するある一人の山賊(砂賊)の日々の出来事を徒然なるままに書き綴った個人ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

゚∀゚)´∀`)´ゝ`)ォオオオオオオオオオオオオオオオオ

我が家に

BRAVIAが

やってきましたっっっっっ

マジ、すごいです。SONYのBRAVIA。地デジ対応のハイビジョン薄型液晶テレビです。
アナログを見ると、目を覆いたくなりますが、地デジはすごい!フルハイビジョンだけあって、画質がきれー!(w゚∀゚)wモヒョヒョヒョヒョー
古くなったブラウン管のテレビは(十分寿命はあります。まだ現役)なぜか親父が見る!といってかっさらっていきました!
そりゃ30万で買ったからって、それはないぜとっつぁん!
あ、ちなみに40型です。宅急便のお兄さんが28,9万は安いと言ってくれました。
やぁった!w

―――

それが祟ったのかなんなのか
今日、朝の9時から大事な会議が(リーマンではありません。学生です)
会議というよりも、討論会、と言ったほうが正しいのでしょうか?
高校生と中学生がお互いに意見をぶつけ合う・・・わけではなく、県庁の教育課の方とかをお招きして
交流会という形で意見を述べてもらって、それを県庁の方たちに聞いてもらって今後の県の福祉に役立ててもらう、という・・・
けっこう厳粛にいくというよりも、フランクに、どんどん意見を出してもらって、それを僕を含め4人の司会者がいるのですが、4人がまとめるなり進行するなりするわけです。
僕、その司会役の中でもボスって言われちゃってて・・・そんな気はないのに;

大変なのはここからです。打ち合わせを3回もやって、煮詰めて、大丈夫かな?どうかな?とかいろいろやるわけです。
で、それらがやっと終わって、あとは本番だけだ!となったのですが

僕、今日寝坊しまして

まったく、面白いことしてくれたものです、我ながらw
気づいたのは、朝の電話。
朝、やけに早く起きたんです。8時20分かな?それで、とりあえず朝食とろう、と思ってトーストを焼いてて。
その間昨日届いたブラビアをいじってて、「ここが電源かー!」なんて昭和っぽいことやってて。
実は今日も含め月曜から水曜まで、生徒休業ということでずーっと休みたっだんです。それがまずかった;
「あ!トースト焦げてるじゃん!」とお袋が言って、見に行ったら案の定表面はどこのコークスだと言わんばかりに真っ黒な炭水化物ならぬ炭化物で。
もしかしたら、それが暗示だったのかもしれません。

いつもはない、朝の電話が鳴りました。

近くにいた僕は番号を見て、090・・・となっていたので、「携帯?えー誰から?」と思い、とりあえず出ることに

「もしもし?」

「○○君ですか?わたくし、オンドゥル高校の△△と申しますが・・・」

「先生?」

「○○君、今日交流会があるんだけど・・・?」


うっへぇぇぇぇええええええええええ!!wwwwwww


超、ド忘れですwww

「あ、あっーあっー!!すいません!すぐ行きます!」

って、頭の中では大分落ち着いており(謎
やべー、着替えなきゃ、筆箱、あと朝食は・・・焦げたからいいか、あぁ、そうだカバンカバン、くっそーパソコン立ち上げたばっかりだよ。

↑丸っきり焦ってる奴の心境じゃあありませんw

その後、今回の交流会の担当責任者である、ひとつ学年下の主任の先生が出て、とにもかくにもこれはまず家を出ることが先決だと踏んで、「今行きます!」の一本押しで早々に電話を切り

家から自慢のMTBで、猛ダーッシュ!!!!!!!!!

その間、僕は急激に使用された殿筋のビリビリな疲労感に耐えながら、限界を超え
普段30分、早くても20分の道(←今までの限界)のところ

たった14分で学校へ到着!!

褒めてもらおうなんて思っていませんwもう遅刻は確実でしたからw
でも、校長先生の挨拶の前でよかった;まだスタンバイの状態で入ってこれました。

その後の進行は、遅刻とボスとしての体面への焦りで、交流会進行役の緊張なんてまったく感じないまま、なかなかいい運びで進められました。
有意義でしたよ?けっこうみんな意見言ってくれて。

その後机やら椅子やら片付けに追われましたが、周りの先生や同級生からは、「なんで遅刻したの?君の言い訳を聞きたい」だの
「あー、遅刻した○○君だー」
「本当に、お疲れ様です。」(外で待っていてくれた担任の先生)

などなど、野次と安堵の言葉を節々にもらい、
担当責任者の先生からは
「もうゆっくり帰って大丈夫ですよ」と。

ごめんなさい、先生方(⊃Д`)グスン もう遅刻しません;

しっかし、今回の限界突破で普段よりも痛感したのは

必死になっている時は物事が良い方向へ運ばれていくなぁ

ということですね。
普通はいっつも立ち往生することになる信号が、今日はめちゃくちゃ速く走っていたのでタイミングがあったのでしょう、ノンストップで駆け抜けられましたし
押しボタン式の信号なんか、僕が到達するちょっと手前で誰かが押してくれて、これもまたノンストップで行けましたし
車の多い通りを、いつもは途切れるまで待ってから渡っていたのが、今日は午前中で冬休みが近いのか、あまり通っていなくて、これまたノンストップで渡れたり

自分の必死さもありますが、つくづく、僕以外の、大きな、何かが良い方向へ働いてくれているのかなぁ?と思うほどでした。
知覚できない、大きな何かに、謝意を。
そして遅刻するよ、と9時30分前に電話をくれた担任の先生。
よくがんばった、僕の殿筋。
いっぱい意見を言ってくれた、交流会に参加した高校生・中学生。
ほんとにありがとうだよ(⊃Д`)グスン

はぁ~疲れました。
さぁ、精錬でも上げますか(グェ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。